私の学生時代のキャッシング体験談を紹介します!

これは私が学生の頃に体験したキャッシングに関するお話です。私は学生時代に月々の生活費を親からの仕送りとアルバイトと奨学金で賄っていたのですが、実際には彼女とのデートや友人との飲み会、ブランド物などの洋服代やパチンコなどのギャンブル代と様々な出費があったため、月々の生活費が不足することが多かったのです。

そんな頃に学生カードの存在を知りました。学生でも作成できると聞いて安易に申し込んでしまったのですが、これがさらに生活を苦しくさせる原因となってしまったのです。申し込みは店頭で行いましたがカードの作成手続きなどはとても簡単でした。自分はアルバイトで一定の収入があったため身分証明書のみの提示でOKでした。

カードを作ったばかりの頃は慎重に利用していたのですが、使ってみると便利なため生活が苦しくなる度にキャッシングを利用するようになりました。借金をしているという感覚が麻痺してしまい、最終的には借り入れの金額が利用限度額の50万円まで増えていたのです。卒業を控えて内定が決まった時期だったので、このままではいけないと一念発起して返済を決意しました。それからはアルバイトを増やして返済に励み、卒業までには何とか完済することができたのです。

キャッシングを何度も利用していると借金をしているという感覚がなくなってしまい、借りたお金が自分のお金であるような錯覚に陥ってしまいます。キャッシングは借金なのだということをしっかりと認識してください。またキャッシングを利用することは簡単なのですが、借りたお金を返済するということはとても大変なのです。コマーシャルなどでもよく言われていることなのですが、キャッシングは限度を守って計画的に利用することが大切だと思います。

 

カードローンを賢く利用する方法

もしものときは参考になるサイトです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>